フナバシボンバー「幸せのベー♪」の会

設立にあたり発起人よりのご挨拶

 

このたび高知で競走馬生活を送っていたフナバシボンバーが239(3/5現在)の戦歴を終え、この春引退いたします。

20051225日に中山競馬場で競走馬としてデビューし、200657日より高知競馬へ移動、以降高知競馬で一度も長期で休むことなく、237戦を一生懸命走ってきました。

地方競馬で頑張っているお馬さんの次の道は、悲しいかな、ないに等しい現状。元気に走り続けることが生きる道です。

こんなに一生懸命長きにわたり走り続けた無名のフナバシボンバーを休ませてあげたい、引退後の余生を見守りたいとこの会を立ち上げました。

この会の名前、「幸せのベー♪」は、私が厩舎までフナバシボンバーに会いに行った際、レースの翌日で疲れているのにもかかわらず、一生懸命「ベー♪」と舌を出して笑わせてくれた事によるものです。

フナバシボンバーという馬は、見に来てくれた人が笑ってくれるのが嬉しいようで、訪問当初より「ベー♪」と舌を出したり変な顔をし、それを見て笑っていると、またこれでもかと「ベー♪」をする、なんとも健気なお馬さんです。

人が笑顔になるのが嬉しい、まさしく幸せにしてくれる「べー♪」、その写真を見た方がボンバーのベーを「幸せのベー♪」と名付けました。

フナバシボンバーに関わってくださる方が幸せになりますように、という願いも込め「幸せのベー♪」を会の名前としました。

この健気な馬を、今度は私たちが見守りたいと思います。

フナバシボンバーの引退後の余生を見守ってくださる方のご参加を心よりお待ちしております。

                                                    発起人: 高田 裕子